ブログ

塗香の歴史

{553C0AEC-D231-414E-B3A9-D424EA4F0D81:01}
もともと昔の人はお風呂には滅多に入らなかった為、香りがする樹木の粉末をからだに練り込むことによって体臭を誤魔化していたそうです。

お釈迦様も香りのする樹木の粉末をからだにすりつけていたそうです。

ただその時は、今のように粉末状ではなく、水分を含んだペースト状でした。

当時もっと身清い水は、蓮の葉にたまる朝露と言われていましたので、朝露を集めて樹木の粉末に混ぜて使用していました。
それ以外の水はすべて一度地に落ちつ水だからです。

ただなかなか手間のかかる作業ですので塗香が日本に伝えられるにつれ、簡略化されて今のような粉末の状態の塗香になったそうです。

※諸説あります。

塗香流川香

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)

« お香と浄化の歴史③
お香と浄化の歴史② »


« お香と浄化の歴史③
お香と浄化の歴史② »

AD


Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇


ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。


公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。


芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。











new window.amb.adcross()
















関連記事

オンラインショップ-流川香-

最近の投稿

ページ上部へ戻る