聖書に出てくる香 乳香

{9CB14563-1308-4A88-8F39-E10161F8AE2E:01}

聖書に登場するお香のお話です。
その名も乳香《にゅうこう》
イエスキリストの誕生を祝って東方の三博士が当時最も貴重なものを3つ捧げたと言われます。
それが
乳香
没薬《もつやく》
です。
そもそも乳香というものは
ボスウェリア属の樹木の樹脂です。
乳白色の粒が特徴で
ヨーロッパではマリアの涙と呼ばれています。
今も協会で焚かれています。
和のお香とはまた違った独特な香りがしますね。

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)