お香と浄化の歴史②

{343F22FD-F0E0-4C09-A450-E638B8380BA6:01}

古代ギリシャの医師達は、香木、生薬等の香草の原料を薬としてとらえていました。


香による燻蒸は医師にとっても治療の一部だったそうです。


その為、この香木、香草による衛生的な浄化作用と薬としての効能の信頼かかなりのものだったそうです。


当時は香草をそのまま乾燥させた状態で置いておいて匂いを空気中に拡散させる方法と、粉末を燃やし大気中に浸透させる方法があったそうです。

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)