匂いのプロポーズ ラブ アップル

{EE6EAF34-3071-48C6-926B-049A99D7E1FE:01}

人間も人により体臭が異なります。

そしてその香りには相性があるそうです。

 

イギリスのシェークスピアの時代には、女性が男性に好意を寄せる時に皮をむいたリンゴを脇の下に挟み、自身の汗の香りをしっかり染み込ませました。


そして男性に渡すことにより、その匂いにより自分を選んでくれることを願ったそうです。


変わった愛の告白ですね。


このリンゴのことを

ラブ アップルと呼んでいたそうです。

似たようなお話は世界中にあるみたいです。



参考文献 匂いのエロティシズム

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)