平安時代のお香 練香

{B0CF7CA5-4080-444D-92E0-0CD7C830B2CE:01}

{05A019D1-1DDD-4A96-AE41-3AFB32C8E3EE:01}

練香を作っています。
練香とは
沈香をベースにして、丁子、白檀等を配合して
蜂蜜で練り固めるお香です。
平安時代に頻繁に使われていたお香ですね。
使い方は、
炭に火をつけて灰の上に置き
炭のすぐ側に置いて使用します。
注意点は炭の上に置くのではなく、その側に置くことですね。
甘く重厚感のある、なんとも表現しようのない良い香りがします。
またお店で講習会できるようにしますので
用意が出来ましたら御案内します(^-^)/

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)